こちらでは「取扱素材の保存方法」や「取扱素材の商品知識」等、皆様からのご質問にお答えしております。

ご質問は下の「問い合わせ」より受付致しておりますのでお気軽にご質問下さい。頂きました内容は本人様ご確認の上、当ページにて掲載致します。

 Q カシミヤの品質はどのように決まっているの?
  カシミヤの品質は、繊維の細さ、長さ、丈夫さ、不純物の量によって品質(値段)が決定されます。(繊維が細く、長く、丈夫なもの程高品質になります)その他にも毛の色でも区別され、ホワイトカシミヤと呼ばれる物(毛の色が白い物)は特に高価で取引されます。

※ ご注意下さい
ホワイトカシミヤは色々なカラーに染めやすいので重宝されており高価で取引されていますが、ホワイトカシミヤであれば全てが高品質であると言うことではありません。

Q カシミヤの採取される国って?
カシミヤの採取される国は、中国(内モンゴル)、モンゴル、中央アジアやイラン他などです。
一般的には
中国(内モンゴル)→モンゴル→中央アジア→イラン→その他の地方の順に高品質な毛が取れると言われています。
※ 中国(内モンゴル)とモンゴル産の品質は他の地域を圧倒していると言われています。

中国(内モンゴル)産の特徴

毛の色がホワイトのものが多く、繊維が細い毛が多い。

モンゴル産の特徴
繊維の長い毛が多く、繊維が丈夫で不純物が少ない。

Q シーズンオフの保管方法は?
カシミヤやキャメルの保管時の注意点は虫喰いです。カシミヤは保管時にも「呼吸」(吸湿・発散)をしていますので、通気性の無いナイロン袋等に密封せず、「呼吸」ができる状態で保管してください。
また、保管する時には防虫剤と乾燥剤や湿気取り等の除湿剤を忘れないようにして下さい。(防虫剤は無臭タイプで1種類の使用をお勧めします。2種類以上の防虫剤を使用されますと稀に化学反応を起こし、変色等の原因となる事があります。)
なお、お天気の良い日には風通しを良くし、空気の入れ替えを行う事をお勧めします。

Q 家であらえますか?
カシミヤやキャメル製品は基本的には信頼のおけるクリーニング店でのクリーニングをお勧めしています。
ただ、当社の製品に関してはご家庭で市販のドライ洗剤を使い、手洗いをする方も多いようです。

Q 気に入って毎日同じ物を着ていますが大丈夫?
カシミヤやキャメルは天然素材ですので「呼吸」(吸湿・発散)をしています。幾日間にもわたり着続けていると、湿気を吸ったままの状態となり、着心地が損なわれていきます。
また、あまり着続けると毛玉の原因となる摩擦や静電気の帯同も多くなります。
適度に風通しの良い場所にて陰干しをされる事をお勧めします。

Q シミをつけてしまいました。
シミがついたら直ぐにとる事が大切です。口紅ならベンジンを含ませた布や中性洗剤を含ませた布で軽くたたいて下されば大抵はとれるはずです。醤油等のシミは水で洗い流します。
この他とれないシミについては信頼のおけるクリーニング店でシミの原因を伝えて落としてもらうようお勧めします。


もし、上記をご覧になってもわからないことがありましたら、お手数をお掛け致しますが、直接お問い合わせ下さい。

■ メールでのお問い合わせの場合

yamaki@msb.biglobe.ne.jp

24時間受付しておりますが、営業時間外のメールについては翌営業日以降にご返答させて頂きます。

□ お電話でのお問合せの場合

TEL 0774-44-5484

【受付時間】AM9:00〜PM17:30
【定休日】日曜・祝日